2020年10月22日

花の歳時記 10月 キンモクセイ

秋が深まり、澄み渡る大空の下、キンモクセイから甘い香りが漂ってきました。オレンジ色の小さな花が密集して咲いていますが、短い期間しか咲かないし、香りのメッセージはさらに短いように思います。
道路沿いの日当たりのいいところに植えていますが、道行く中で、香りに気づいて立ち止まる人もいます。
金色の花は「金木犀」で、白い花を咲かせるのが「銀木犀」。「銀木犀」もよい香りがしますが、両方並べて植えると「金木犀」の香りの方が強いのでどちらかだけにした方がいいかもしれません。
会社の近くにもキンモクセイがたくさん植えられており、甘い空間の中で思わずアロマテラピー。
キンモクセイの花言葉は 花びらが小さく控えめな印象から 「謙遜」「気高い人」
一方でその香りから、「誘惑」「陶酔」という言葉もあるらしい。

 

花の歳時記 10月 キンモクセイ 令和2年10月19日(日)自宅、道路側から撮影。




このページのトップへ