2018年05月02日

23才 羽生青年のパレードに思う

平成30年4月22日、フィギュアスケートで五輪連覇した羽生結弦さんは地元・仙台市で行われた祝賀パレードで、沿道を日の丸で埋め尽くした約10万8000人の大歓声に手を振って応えた。その胸には大きな金メダルが輝いていた。
 
23才の青年がなぜここまで、大勢の人を引きつけることができるのだろうか。 
                                                     
中学生のときに東北大震災に遭い、犠牲になった方々を目の当たりにして、
「スケートをやってる場合なのか・・」ずいぶんと悩んだ挙句
「皆に勇気を与えるには僕はスケートしかない」というように考えて、さらに努力したと聞いている。                                                    
まして、平昌オリンピックでは、数ヶ月前に大怪我をし、出場さえ危ぶまれたのに見事金メダルを取り、我々に感動を与えた。
最後まであきらめず全力を尽くし結果も出して、支えてくれた大勢の方々にも感謝する姿勢が爽やかな好青年の姿と相まってあれだけの人を集めるのだろう。  
            
また、「類は友を呼ぶ」というが、パレードの後、観客は自分のゴミを持ち帰り、ゴミ袋は僅かしか要らなかったという。
政治家や官僚らのうんざりする言動とは対照的に、羽生君のファンなら清冽でありたいというプライドがそうさせるのだろうか。
テレビでニュースを見ながら、いたく感心してしまった。                                                       
 




このページのトップへ