2021年01月07日

花の歳時記 1月 葉ボタン

花の歳時記 1月 葉ボタン 皆さま、新年あけましておめでとうございます。
コロナ禍からのスタートになりましたが、
ご健勝に過ごされるよう願っております。
引き続き、本年もよろしくお願い申し上げます。


1月の花は「葉牡丹」を選びました。
ハボタン(葉牡丹)は、お正月の花というばかりでなく、先月のガーデンシクラメンとともに、冬のガーデニングに欠かせなくなっています。寄せ植え、花束、カラーリーフとして、いろんな楽しみ方ができます。
ハボタン(葉牡丹)の名前の由来は、葉が美しく色づいて花の牡丹のように見えるため。
アブラナ科の植物で、春になると、菜の花のような黄色い花が咲きます。
 
ハボタン(葉牡丹)の花言葉は、
お祝い事にも使われる縁起のいい植物から「祝福」
また、中心を「赤ちゃん」に見立てて、葉っぱで包み込むように見えることから、「愛を包む」という花言葉もあります
 
葉牡丹はキャベツやブロッコリーの仲間なので、食べられないことはありませんが、美味しくないらしい。目でも口でも味わうというわけにはいかないところが興味深い。
 
ところで、写真の赤い実をつけた植物は「千両」ではなくて、「億両」。よく見ると赤い実が大きくて見栄えがします。「億両」は、「ミヤマシキミ」というミカン科の常緑低木で、漢字では「深山樒」と書きます。

==================================



 

花の歳時記 1月 葉ボタン 庭先に赤紫と白のプチ葉牡丹ハンギングリースを飾りました。


2020年12月30日

花の歳時記 12月 ガーデンシクラメン

花の歳時記 12月 ガーデンシクラメン 12月はガーデンシクラメンにしました。

ミニシクラメン」の中で、特に寒さに強いように品種改良したのが「ガーデンシクラメン」。
「ガーデンシクラメン」は零下5度くらいまで耐えられるため、屋外で越冬させることができるし、冬は花も少なく彩りが寂しくなるので、冬のガーデニングには最適である。

布施明が歌った「シクラメンのかほり」は1975年 レコード大賞をとった。シクラメンには香りのないものが多いが、この歌のあと、香るシクラメンがいろいろ開発されたらしい。
花言葉は、少し遠慮がちに下を向いて花を咲かせる様子から、「内気」、「はにかみ」。白色のシクラメンの花言葉は「清純」
また、暖かな室内のポインセチアとシクラメンにはクリスマスにちなんだ飾りつけもよく似合う。

それでは、コロナ禍の中ではありますが、健やかな新年をお迎えください。


2020年12月01日

花の歳時記 11月 コスモス

花の歳時記 11月 コスモス 令和2年11月は平年に比べて暖かく、庭には、」、「四季バラ」、「ランタナ」や寄せ植えの「パンジー」などが、この時期らしい装いをして楽しませてくれていますが、ブログに載せる11月の花は「コスモス」にしました。

さて、「コスモス」はキク科・コスモス属の1年草で、英語で宇宙を意味する「cosmos」と語源は同じ。
余談ながら、「宇宙」の英語は、日常会話では「space」を使い、「cosmos」には哲学的な意味合いが含まれる。
「コスモス」の和名は「秋桜(あきざくら)」ですが、「秋桜」と書いて(コスモス)と読むのは、さだまさしが作詞作曲して「山口百恵」さんが昭和52年に歌った「秋桜(コスモス)」が最初ということですから、まだ最近のことです。
青くて広い空の下で、さわやかな風に揺れるコスモス畑の方が写真映えしますが、添付の「コスモス」は秋咲きの鉢植えです。
コスモスの花言葉は、
「乙女の純真」、「調和」、「謙虚」。可憐で、強く主張している感じがないのでコスモスにはぴったりです。

=========================

 

花の歳時記 11月 コスモス これは、水遣りしているとき、「アジサイ」の赤ちやんと間違えた「ランタナ」。
繁殖力が強いため、地植えは要注意。タネには「ランタナン」と呼ばれる毒が含まれている。
花色が変化し、妖艶にも見えて、何だか油断できない感じがするのですが・・・。


2020年11月25日

令和2年 年末・年始休暇のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
弊社の年末・年始の休日を下記のとおりご案内いたしますので
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
迎えます新年も一層のご鞭撻を賜りますよう重ねてお願い申しあげます。

               
               記
 
令和2年 12月27日(日)~ 1月4日(月)・・・休日

(令和3年 1月5日(火)から営業)
(1月9日(土)~ 11日(月)休日、1月12日(火)から営業)

 


2020年10月29日

日本の産業力の後退とソフトウェア力の強化

令和2年10月28日の日本経済新聞「私の履歴書」に「KDDI相談役 小野寺 正」氏が
20世紀に「我が世の春」を謳歌した日本企業は21世紀に入ると目に見えて失速した。その大きな原因は、ソフトウエアの軽視にあるのではないか
との述べておられる。全く同感である。
 
30年ほど前のこと、昭和から平成に改元され、新入社員が急に増えた時期に、上司から営業や製造、技術開発に配属される新人を除いた「企画人材」を一堂に集め、1年間必要なスキルを磨いて、それから各部署に配属させるという提案をいただいた。
コストと時間がかかる投資であるが、将来への大きな見識に基づいた布石であった。
「ITリテラシー」といった言葉が当時でも聞こえてきており、コンピューターやネットワークの基本をビジネスマンの”読み書きそろばん”として身に着ける重要性を意図していた。また、この貴重な期間に、「書類の書き方」、「やきものの文化と歴史」、「経理」、「商品開発」など当該部門の実力者も講師としてお招きし、幅広くビジネススキルの研鑽に努めた。
この研修の後、全国各拠点に配属された彼ら、彼女らによって、ひとり1台のパソコン(端末)に普及していく中、スピード感を持って展開できたし、同期の仲間がいろんな拠点に行っても緊密なヨコ糸の絆によって、相談し合えることはお互いに大きな財産になった。
 
“周遅れ“と言われているデジタル化の取り組みが、今後の日本の産業競争力アップに資することを願いながら、冒頭の「小野寺 正」氏の提起以前にこの取り組みを指示した上司や会社の器量・慧眼を尊敬するとともに、この仕事に携われたことを深く感謝したい。
 




 


2020年10月22日

花の歳時記 10月 キンモクセイ

秋が深まり、澄み渡る大空の下、キンモクセイから甘い香りが漂ってきました。オレンジ色の小さな花が密集して咲いていますが、短い期間しか咲かないし、香りのメッセージはさらに短いように思います。
道路沿いの日当たりのいいところに植えていますが、道行く中で、香りに気づいて立ち止まる人もいます。
金色の花は「金木犀」で、白い花を咲かせるのが「銀木犀」。「銀木犀」もよい香りがしますが、両方並べて植えると「金木犀」の香りの方が強いのでどちらかだけにした方がいいかもしれません。
会社の近くにもキンモクセイがたくさん植えられており、甘い空間の中で思わずアロマテラピー。
キンモクセイの花言葉は 花びらが小さく控えめな印象から 「謙遜」「気高い人」
一方でその香りから、「誘惑」「陶酔」という言葉もあるらしい。

 

花の歳時記 10月 キンモクセイ 令和2年10月19日(日)自宅、道路側から撮影。


2020年10月07日

トランプ氏の行方 3日で強行退院の後、どうなるか

新型コロナウイルスに感染したトランプ氏は、全くもって、目的のためには手段を選ばないパーフォーマンス型の人間なので、自ら罹患してなお、周囲の人に感染する気遣いや規則など棚上げし、目前の大統領選に勝利するために無謀にも3日で退院した。
早く治すために「デキサメタゾン」や「レムデシビル」を投与し、「副作用」のリスクなどお構いなしの行動は、トランプ氏の戦略・戦術と根っ子は全く同じである。
 
さて、この先、“吉と出るか凶と出るか” 自らの意志や行動で将来を変え得るのか、それとも生命や自然の摂理に逆らうことはできないという結果になっていくのか興味深い。
 
立場によって事情は異なるといえども、世界で100万人を超える死者を出したコロナによる病人という意味では、一般人と変わらない。しかもトランプ氏は74歳、190センチ、111キロと不安を抱えている。
 
「死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候」といったのは良寛さん。
「光陰は矢よりも迅かなり、身命は露よりも脆し」は修証義に出てくる道元禅師の言葉だが、極端な行動を取ったトランプ氏個人に対し、この先1週間ほど目が離せない。(令和2年10月6日)
 


2020年10月02日

中秋の名月を眺めたいが・・・

今年(令和2年)は、新型コロナウイルス禍があり、7月は大雨が続いたと思ったら、8月は異常な猛暑が続き、9月で台風が去った後、ようやく秋が訪れて、昨夜10月1日は満月が綺麗だった。

竹取物語の中に、かぐや姫が
『八月十五日(はづきもち)ばかりの月に出で居て、かぐや姫いといたく泣き給ふ。・・・・この月の十五日(もち)に、かの元(もと)の国より、迎へに人々まうで来(こ)んず。』と言って、自分は月の都から来たが、月から迎えが来るので帰らなければならないといってさめざめと泣く、旧暦8月15日が昨晩であった

また有名な話で夏目漱石が授業の中で、「I love you」を「日本人なら、『月が綺麗ですね』とでも訳せ」と生徒に言ったとか・・・。
こんな趣き深い情趣がある日本に、昨日、非情にも東証がシステム障害を起こし、あちこちから非難の声が上がった。
私もかつて情報システム部門にいて(バッチシステムではなく)オンライン業務がダウンしたときの大変な状況を知っているので、一時的に、大勢の関係者は”命を削るような努力”をしなければなるまいが、”命を削る”ことだけは避けてほしい。事前に障害が判明したなかでは、終日システムを停止させた判断は正しかったのではないかと思います。

信頼性を高める対策は急務ですが、人が作る以上、ハード、ソフトとも100%の絶対はありません。
同じような失敗を繰り返さないよう冷静な分析をした上で、最適な対策を講じていただきたい。

今年は珍しく、10月末にもう一度満月(ブルームーン
)が来ます。
その時には、少しでもゆったりと眺められるといいですね。
            

                                                    


 


2020年09月29日

花の歳時記 9月 彼岸花

9月になって続けざまに来た台風が去って、ようやく秋らしくなってきました。彼岸入りの19日に知多市の自宅から知多半島の根っ子沿いを東に走って橋を渡り、瓦の町「高浜市」に行きました。市内を流れる「稗田川(ひえだがわ)」の川岸に見事なほど、彼岸花が群生していました。咲く時期が色によって違っていて、9月上旬はピンク、中旬は黄色、下旬は赤という看板がありました。
 

花の歳時記 9月 彼岸花曼珠沙華」とも呼ばれる彼岸花の花言葉は、赤い花は「情熱、悲しい思い出」、黄色は「元気な心」など。
墓地でよく見かける彼岸花は、球根にある毒でモグラやネズミからご先祖様を守るために植えたらしい。

下の写真はちょうど黄色が満開の頃でしたが、5キロにわたって咲き誇っている景色を多くのカメラマンが写真に収めていました。
愛知県では、他にも、「ごんぎつね」などで有名な「新美南吉」のふるさと「半田市矢勝川」の堤防沿いの彼岸花も有名ですが、赤一色だったように記憶しています。

花の歳時記 9月 彼岸花


2020年09月28日

会社が税金を払うということ

当社は8月決算なので、決算数値が固まって課税所得が計算されると、法人税や事業税などを納めることになる。
今回の決算はコロナ禍の影響もあって厳しい結果になったが、私が会社の経理部門にいた30年ほど前のこと、
父に、利益(所得)が出るなら、(空調を取り替えるというような)節税対策を考えてみたらどうかと、生意気にも言ったことがある。
すると父からは意外な答えが返ってきた。
『お前の勤めている大会社なら、「これは売上、これは利益、これは税金・・」というようにあらかじめ計画を立て、実際に税金を払えるだろう。しかし、(アサ倉工業のような)中小企業は「締めてみてナンボ」の世界であり、必死にやって結果として利益が出たらやれやれと思って、税金をありがたく払うのだ目いっぱい走った後、払うべきを払うのであるから、狡い(こすい)ことを言うな』と父にしては珍しく語気を強めた。
社長になって、当社の創業期からの決算書類を見たが、確かに、赤字、黒字、赤字・・・と利益は不安定でよく持ちこたえられたと思ったことがある。
一介のサラリーマンが頭で考えたことと、体を張ったオヤジとは随分と感覚が異なった。コロナ禍で経済的なダメージが大きい状況下になってよけいに父の言ったことが理解できる(経営計画を立てる重要性とは別の話)。

別件で、定年間近のころ、社内で海外事業を分社化しようという話が持ち上がった。国内とは経営感覚が大きく違うので同じ組織体の中で意思決定を進めようとすると問題が多い・・というような背景からであるが、私は必死で反対した。国内なら便器1台売っても確実に利益が計算できるが、海外事業だけを取り出せば赤字事業である。全社の税務キャッシュフロー(税効果)からみれば、切り離すことによるメリットはない。
その時の経理担当は「繰越欠損があるので税金を払わなくて済む」とまで言い放った。
トップからの方針に協調しようと思ったのであろうか。中小企業では当期利益の後さらに税金を払うという資金繰りは大変悩ましく、繰越欠損は別立ての「納税準備預金」のようなものである。
さすがに分社化は実行されなかったが、町工場のオヤジになって、大企業とは感覚が異なることを、いろいろ思い出した次第であります。




 





カレンダー
«   2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事

カテゴリ

月別の記事一覧

  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ