2018年04月11日

 「楊震伝(四知)」 と 安倍内閣  

  十八史略の現代語訳の文庫本を読んでいたら、どこかの総理に感想をきいて見たいところがあった。  
                 
  後漢の時代に「楊震」という「政治家」がいた。        
  博学で廉潔であったので関西(かんせい-楊震の出身地)の孔子とたたえられた人である。  
  東菜郡の太守になったときに、その町の長官職に「王蜜」という男がいた。    
                 
  王蜜は楊震の引き立てによって、長官の職に就くことができたので、    
  感謝の意をもって、ある日の夜中に賄賂を楊震に渡そうとした。      
  王蜜は、              
  『どうかお受け取りください。このような夜中のこと、誰も知るものはおりません』  
  というと、楊震は応えた。有名な四知のセリフである。      
  『天が知る。地が知る。私が知っている、君だって知っている。    
  誰も知らないことはない』          
  これを聞いた王蜜は恥じ入って去っていった(蜜愧じて出ず)。      
                 
  もうお分かりだろうが、            
  ・森友学園に財務省理財局から、「埋設ゴミの撤去にトラック何千台も走ったことに  
  してほしい」と言ったらさすがの森友学園も(近畿財務局も)応じなかった。    
  ・加計学園では、内閣府の幹部が自治体に特区事業(獣医学部新設)を申請前に  
  提案した。              
  ・廃棄したはずのイラク日報や南スーダン日報などが、”無い”と国会で啖呵をきった  
  後から発見される。            
  ・働き方改革法案の提出にあたっては、根拠となる調査データが一部デタラメだった。  
  など、安倍内閣は、強引なだけでなく、頭から腐っているのではないかと非難されても  
  仕方がない事例がゾロゾロ出てくる。バレなければ何をやってもいいと思ってないでしょうね。          
                 
  後漢書が書かれた時代から約2000年経ってなお、我々の眼に触れること自体  
  実際には正反対のことが横行し、廉潔の政治家は稀有だったということだろうか。  
                 
  法案を通すことを目的として、不都合な文書や情報は遡って改ざんしたり、隠したり、  
  あろうことか国会で平気でウソをつく有様は、悪い”憑き物”がとり付いているようにみえる。  
  この「楊震」の史実に照らし、報道どおりなら、安倍内閣も”年貢の納めどき”かもしれない。  
  米国、韓国、シリアなどのトップもいろいろと非難されているが、      
  世界から見て、日本だって同類ではないかと思われたら、何とも残念で、恥ずかしい  
  話である。              
                 


2018年04月05日

旨いお蕎麦やさんを探して

  旨い蕎麦を食べたいというこだわりが強くなったのはいつごろからだろうか。  
                 
  きっかけは本からかもしれない。          
  二十歳の頃、東京の下宿でごろごろしながら、夏目漱石の「我輩は猫である」  
  を読んでいたら、主人の苦沙弥(くしゃみ)氏の友人、迷亭(めいてい)先生  
  が蕎麦を食べるシーンがあって、矢も盾もたまらず近くの「やぶ」そばの店に  
  駆け込んだこともあった。          
                 
  子供たちがまだ小学生だった頃、車で比叡山に家族で出かけ、帰りしな    
  坂本にある「鶴喜」という店を見つけ、寒い時期だったので、温かい    
  かけ蕎麦を食べたがめっぽう旨かった。        
  その後、偶然にも、司馬遼太郎の「街道を行く(叡山の諸道)」を読んだら  
  「日吉」や「鶴喜」の店が紹介されてあり、おいしい記憶が増幅された。  
  木曽福島の「車屋」にも若いときと、最近も出かけたが昔のほうが旨かった  
  ような気がする。            
                 
  職場が霞ヶ関ビルだったときは昼休みに、西新橋に近い      
  「虎ノ門大坂屋砂場(とらのもんおおさかやすなば)」にも時々通った。
青物横丁に住んでいたときは、京急立会川にあり、坂本竜馬も食べた?
という「吉田家」に、ひとりで、また友人を誘って出かけた。
 
  東京にはおいしいお蕎麦屋さんがたくさんあり、神楽坂の本通りから裏道に入ると
  小粋な店があったりというように、藪、更科、砂場・・それぞれ探せばきりがない。  
                 
  地元に帰ってからも、旨い蕎麦の店を探したが、山本屋の味噌煮こみ、岡崎の  
  釜春本店などうどんにも力が入っているせいか、満足のいく店に出会わなかった。
  名駅や栄ビル街にあるテナントの店でも これぞ!とはいかなかったが、  
  鶴舞近くの「春風荘」を見つけ、ここに落ち着いた。蕎麦のコシもつゆの甘辛さも  
  天婦羅、ダシ玉子なども大満足である。        
                 
  もう少し季節が進むと、昼神温泉の花もも街道が絢爛の美しさを迎える。  
  偶々入った蕎麦屋さんで、畳敷きの部屋から眺めた紅白の花ももの美しさと  
  蕎麦のコラボがたまらない。          
  麺類には目がないという孫も誘ってぜひまた行ってみたいと思っている。  


2018年04月01日

ゴールデンウィーク休日のお知らせ

拝啓
貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、弊社のゴールデンウィークの休日を誠に勝手ながら、
下記の期間とさせていただきます。
何かとご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
なお、平成30年4月~平成31年3月の操業カレンダーは
弊社ホームページ(http://www.asakura-kogyo.co.jp/)の
最上段、電話番号の真下の「当社カレンダー参照」をクリックして
いただきますと表示されますのでご利用ください。                                                  
                                                                                                 敬具
                                   記
 
4月29日(日)~4月30日(月) ・・・休業
5月 3日(木)~5月6日(日)・・・休業
 
5月 1日(火) 通常営業
5月 2日(水) 通常営業
5月 7日(月) ~ 通常営業
 
                                                                                         以上
 




このページのトップへ