2019年05月28日

地域のボランティア活動 (その2:消防操法大会)

5月なのに30度を超える真夏日が続いた暑い日曜日、町内のクリーン作戦で1時間の清掃活動を終えてから知多市緑広場グラウンドに組長も駆けつけた。   
「第51回知多市消防団消防操法大会」が開催され、消防関係者はもとより、衆議院議員をはじめとする来賓の方々もお見えになって、知多市消防団の第1分団から第5分団までの5チームが、ポンプ車操法でのスピードや技術、規律を競うという真剣勝負が繰り広げられた。 
このグラウンドは野球場があり、サッカーなら2面できそうな広さで、敷地を囲う樹木が低く見えるほど露出した空の比率は95%くらいになるだろうか、その炎天下で、長袖、長ズボン、ヘルメットを着用した選手や審判員たちが熱射病になりはしないかと心配になる状況下で大会競技は進行した。
日頃の鍛錬を通してチームの協調性やスキルが試されるのだが、優勝した分団は「愛知県消防操法大会」に代表選手として参加する。これまでも6回の優勝と輝かしい成績を収めている。
いざという緊急事態に地域住民の命を守るには、この大会に向けたような努力やチームワークが不可欠であり、地元の消防団が頼もしいのは、大変ありがたいことである。       
       
さて、白いテントの中で観戦しながら、私は半世紀ほど前の消防団の記憶をたどっていた。     
       
トンネル窯などを有する企業は自前の消防団を持つ必要があり、就職した新入社員には、必然的に消防団に入って、仕事同様、あるいはそれ以上の訓練が待っていた・・・。 
火を使うやきものの町常滑は自社のみならず、行政と協力して近隣の防災活動に会社の「消防団」は率先して参加するため、終業後に行う月数回の訓練は本格的であった。 
当時の私(たち)は、70年安保やベトナム反戦活動に敏感な「戦争を知らない子供たち」であり、行進の際に「かしらー中」などと言われても素直になれなかった年代である。       
「あごひもーかけ」と言われながら被ったヘルメットの上から拳を作って軽くコンコンと叩いたのは本社の○○部長だったが、余程たるんだ新入社員に見えたのだろう。   
今、目の前で観ている操法と、当時も基本は同じで、1番員、2番員としてよく走ったが
『カテンハゼンポウアカハタ、テビロメニヨルダイイッセンエンチョウジョウシャ!』 
などの掛け声の意味も実は分かっていなかった。   
そのころ流行ったガロの”学生街の喫茶店”のメロディが心に沁みた若い頃のはなしである。


2019年05月24日

地域のボランティア活動 (その1:法海寺)

   ~知多市法海寺の紹介と「組長」について~

”土日だけ空けてくれればいいから・・・”
5年前、町内の組長からそう口説かれて、週末だけでは納まらないその役を何とかこなそうとスタートを切りました。
私を推していただいた組長さんの人品がとても立派だったのでその方にご迷惑をかけまいと戸惑いながらも意気込んでいます。

「組」とは知多市を68行政区に区切った単位で、うち八幡小学校区は13組で構成され、そのひとつの「組長」になりました。私が係わる「組」は約600世帯あり、例えば緊急の災害が発生した場合には、「組長」はこの600世帯を守るため、現場の対策本部長となるわけです。   

 今年度初めの行事で13の組長が集まって、校区にある「法海寺」の本堂の中でご祈祷を受けるというご縁をいただきました。   
法海寺」は今から1,351年前の、668年創建というすごいお寺さんで、日本三大薬師のひとつ。
飛鳥時代、聖徳太子が法隆寺を建立したのが607年。645年の大化の改新から少し経た668年(天智7年)に建てられて、それが今日に至るまで想像を絶する時間が流れました・・・。
法海寺」も政治的な保護があったとはいえ、地域に対しては、仏の教えを伝えながら人々の心を安らげ救おうという役目の中、「ご本尊」や「住職」らがいくら偉大であっても、知多半島の根っこに位置する小さなお寺が、飛鳥、奈良、平安、・・令和の今に続くには、地域領民の信仰や粘り強い努力なくして不可能であろう。町内に多い苗字に代表される先祖さまたちががんばったに違いありません。
 
さて、名古屋市にはシニア向け「名古屋市高年大学鯱城(こじょう)学園」があり、「地域の文化・福祉」がカリキュラムにあるくらいなので、(授業料も払わないで)現場で実践できるわけですからきっとよい勉強になると思います。
また、感想などを、ブログの中でも記していきます。
 




このページのトップへ