2019年11月26日

地域のボランティア活動 その4:へぼ寿司と元気くん

祭礼の後片付けも終わって、さあ私も帰るかというときに準備や祭囃子など大活躍だった班長のFさんが、”へぼ寿司”をパックに入れて持ってきてくれた。
"へぼ"とは、クロスズメバチなど蜂の幼虫(蛹、成虫も一緒に入れることあり)のこと。成虫を追いかけて、巣を見つけ、地中から巣を掘り起こす。 
Fさんはこの巣を取る名人で、煙幕花火を使って巣を燻し、ハチが一時的(1 - 2分程度)仮死状態となっている間にすばやく地中から巣を掘り出すのだ。
幼虫は、膜を張った巣室の中にいるので、ピンセットを使い、膜を剥がし取り出す。
”へぼ寿司”は酢めしの上に蜂の子(へぼ)をまぶしたものであるが家内は全く苦手で見ようともしない。
 
私は、このへぼ寿司ができるまでをFさんから詳しく聞いていたので貴重な夕食として箸をつけた。
昆虫の皮膚の固いパリパリ感があり、蜂の子自体の味はあまり感じなかったが酢めしの味付けが良くて、一気に平らげた。 
食べ終わってしばらくすると、お祭の疲れもどこかへ飛んでいって元気が出てきたような気がする。
「ロイヤルゼリー入りの栄養ドリンク」があるくらいだから精もつくのだろう。       
お祭の準備では、前のブログで書いたようにFさんやそのお兄さんに  大変世話になったが、祭を終えた後も思いがけないプレゼントをいただいた。      
仕事で中国に出張したとき、煎った”いなご”を食べたことがあり、似たようなパリパリ感があったが、疲労回復の効果は圧倒的に”へぼ”の方に軍配が上がる。    

Fさんは、私よりひと回りも上ながら、本当にお元気で、”へぼ”を取るときのことを大変楽しそうに話してくれました。ずっと昔「中日新聞」の日曜版に、北見けんいちの「元気くん」という漫画が連載されていましたが、たぶんそっくりな少年時代を過ごされたと思います。
いろいろとありがとうございました。これからもますますお元気にお過ごしください。       
 

地域のボランティア活動 その4:へぼ寿司と元気くん 酢飯にまぶした「へぼ」




このページのトップへ