2020年12月01日

花の歳時記 11月 コスモス

花の歳時記 11月 コスモス 令和2年11月は平年に比べて暖かく、庭には、」、「四季バラ」、「ランタナ」や寄せ植えの「パンジー」などが、この時期らしい装いをして楽しませてくれていますが、ブログに載せる11月の花は「コスモス」にしました。

さて、「コスモス」はキク科・コスモス属の1年草で、英語で宇宙を意味する「cosmos」と語源は同じ。
余談ながら、「宇宙」の英語は、日常会話では「space」を使い、「cosmos」には哲学的な意味合いが含まれる。
「コスモス」の和名は「秋桜(あきざくら)」ですが、「秋桜」と書いて(コスモス)と読むのは、さだまさしが作詞作曲して「山口百恵」さんが昭和52年に歌った「秋桜(コスモス)」が最初ということですから、まだ最近のことです。
青くて広い空の下で、さわやかな風に揺れるコスモス畑の方が写真映えしますが、添付の「コスモス」は秋咲きの鉢植えです。
コスモスの花言葉は、
「乙女の純真」、「調和」、「謙虚」。可憐で、強く主張している感じがないのでコスモスにはぴったりです。

=========================

 

花の歳時記 11月 コスモス これは、水遣りしているとき、「アジサイ」の赤ちやんと間違えた「ランタナ」。
繁殖力が強いため、地植えは要注意。タネには「ランタナン」と呼ばれる毒が含まれている。
花色が変化し、妖艶にも見えて、何だか油断できない感じがするのですが・・・。

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る




カレンダー
«   2021年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新の記事

カテゴリ

月別の記事一覧

  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ