2021年04月28日

小さな工夫で安全に改善した押切カッター

小さな工夫で安全に改善した押切カッター アサ倉工業に入ってからまだ日が浅いころに、現場の仕事を覚えるために、プレス作業や検査など、パートさんの作業をいろいろやってみることにした。その中で、ビニールパイプのカット作業が目に入ったので、「これなら私にもできそうだから、やらせて欲しい」と言ったら、管理者から「見た目より危険で、慣れないと指を落とす可能性がある」という怖い答えが返ってきた。「新しい目でもっと良い工夫提案を出して欲しい」と言われた。入社日にいきなり社長になったのでお手並み拝見・・という空気も感じられた。その工具が、上の写真の押切カッターである。写真に向かって左側に座って右側を向いて作業する。確かに刃の付いた重い取っ手が不意にガタンと降りてきたら手指が吹っ飛ぶかもしれない。(写真の白い✕点は当初無かったところ)
     ・ ・ ・ ・


 

小さな工夫で安全に改善した押切カッター 「工夫提案を出して欲しい・・」と言われた数日後、車通勤でハンドルを握っていた時に、フッとアイデアが浮かんできた。この工具のそもそもの目的は、ビニールパイプを断裁することであり、その機能を発揮する瞬間が上の写真である。
100度くらいの鈍角に立った取っ手が0度近くまで回転する間は、準備運動であって、機能的には不要の動作である。
ここに気が付けば、答えは簡単に出てきた。それに、作業現場の周りには、ウレタンやスポンジが売るほどあるのだ・・・。


 

小さな工夫で安全に改善した押切カッター そこで、改良したのが上の写真である。
(1) 作業開始前の取っ手はちょうどよい(コシのある)硬さのウレタンに載ったところが定位置である。
(2) 写真の奥から手前に供給されるビニールパイプをせん断するときは、ウレタンをつぶすように取っ手を下に押し下げる。
(3) せん断が終わった取っ手はウレタンの弾力によって、(1)の位置に戻り、(2)を繰り返す。

これで、安全を確保し、余分な作業もないから作業時間も短縮された。
ところで、この写真では取っ手の先と台座を「輪ゴム」で固定している。その理由は、パートさんが、
これまでの癖で、取っ手を冒頭の写真のように立ててしまう”というので、そうしないよう「輪ゴム」で固定した。

以上が、この押切カッターの作業改善です。
小さな改善ですので、ブログでわざわざ紹介するほどのことでもありませんが、町工場の現場でアイデアを出していろいろやってみる雰囲気が伝わったでしょうか。
私はこれまでデスクワークばかりでしたので、この事例は入社して初めての作業改善活動としてとても印象深く、怪我防止にもなって、うれしかった思い出であります。

日常的な活動の中で、目新しい工夫提案の事例があれば、改めて紹介していきます。



 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2021年03月30日

大切なICメモリーや電子部品を守るために     ~ 導電スポンジの活用 ~

記録媒体に用いるSDカードやメモリー、CPUなどは、帯電していると、人が触れたときや金属と接触したときに静電気が発生し、破損してしまう可能性があります。
そのため、静電気に弱い電子部品は静電気から守る必要があります。
有効なのは、体積固有抵抗が低く、導電性のあるゴムスポンジです。導電性を持つことにより、静電気除去効果も有しています。
保護材、緩衝材に適した「導電スポンジ」は、ポリオレフィン系樹脂に、カーボンブラックを高濃度で添加することで電気抵抗値を低くした、独立気泡発泡体のポリエチレンであり、導電性に加え、耐久性、耐水性、断熱性などの特徴を持っています。

以下の画像は
(1) 厚さ5ミリの正方形の導電スポンジ に
(2) さらに同寸法の導電スポンジから、収めたいメモリーの形状に合わせてカットし
 

大切なICメモリーや電子部品を守るために               ~ 導電スポンジの活用 ~ (3) (1)と(2)を両面テープで接着したものです。

 

大切なICメモリーや電子部品を守るために               ~ 導電スポンジの活用 ~ 小ロットから可能ですので、ぜひご相談ください。

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2021年02月02日

ハイエース 1台の損益計算書

朝礼で、ある社員から、ハイエースに積み込んで納入している主力商品の日別生産数の実績と2月の計画をまとめた一覧表が全員に配られた。
5円玉よりひと回り小さい直径16ミリ、厚さ1.5ミリのゴムスポンジパッキンで1カ月に200万個出荷する品番がある。
そのために、専用の高速プレス機で毎日コンスタントに10万個生産している。
 
一般論として、毎月200万個出荷する製品が、コロナ禍の影響で2カ月にわたって100万個/月の出荷に半減したとすると、通常の200万個/月のペースに戻すためには、3カ月目に、当月の200万個と、過去2カ月の不足分100万個+100万個合計200万個を上乗せして、400万個出荷しなければならない。減産した100万個/月に比べれば4倍の変化が求められることになる。
 
構造的なこういう理由も予測して在庫を増やしたが、納めても、納めても注残が納入数を上回る欠品状態が続いた。
 
彼の資料には、先月は20万個が未納になり、得べかりし利益が△△円減ったと記してある。
その他にも、どういう経路を通って、計画的にまとめて配送すれば、高速道路代やガソリン代が節約できるかを意識しているという。

2月分は毎日12,000個上積みすれば欠品が解消できるので、12%の生産を増やせるよう協力していただきたい』というのが彼の結論であった。
 
ハイエースの荷台に積み込んで納入した売上から原価や費用を引いたものが利益であることをいつも意識しているからだと彼は付け加えた。
 
こうした発言を全員が聞いている。PDCAのマネジメントサイクルを示した良い朝礼になった。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2020年03月02日

パッキンの自動画像検査いよいよ運用開始!

2018年7月に『統計解析とAI ~画像認識による自動検査への活用~』とブログに書いたアイデアを、1年かけて精緻化し、経済計算ではとても投資・回収ができないので、「ものづくり補助金」に応募して採択通知が届いた2019年7月に、パーツフィーダー、コンベア、画像診断カメラ、その全体を制御する設計を受け持つそれぞれのメンバーに集まっていただき、システム開発をスタートしました。
検査対象の製品(ワーク)は、数ミリ厚のゴムスポンジシートをプレス機で型抜きしたパッキンです。50円玉くらいの、小さくて、薄くて、軽くて、柔らかくて、静電気でくっつきやすいハンディを持っており、当業界に詳しい方からは否定的な意見をいただきましたが、却って挑戦する気持ちが高まりました。

・パーツフィーダーにワークを供給する”ホッパー”に静電気除電装置を付け、
・S社製の垂直、水平両方向に振動するデュアルモーション方式のパーツフィーダーを地元企業のM精機にカスタマイズをお願いし、特殊塗料を塗ることで最後のワーク1個まで滑らかに出口まで運ばれ、
・そのパーツフィーダーの出口からワークが1個コンベアに落ちた後、次の2個目のコンベアにワークが落ちる間に、M社製のコンベアが秒速60センチの高速で回ることで、ワークの重なりを防ぎ、
・K社製の画像診断カメラがミリ秒の精度で撮影し、OK/NGの信号をシステムに送ります。
・これらのパーツ機能の全体制御する設計・開発を名古屋で一流の設計屋さんが引き受けていただいたことで、完成することができました。 
ワールドカップで善戦したラグビーのように「ONE TEAM」となってはじめて出来上がったありがたさに感激しました。

異品が混入していないか、ピンホールやバリの不具合はないか・・人間の目と指による検査は1秒当たり2個がせいぜいですが、このシステムでは2倍近くまでできます。 
また、「しきい値」を登録しておくことで、良品/不良品の判定のばらつきがなくなります。さらに、私の一番の開発動機になりますが、高齢化が進む内職さんにずっと頼る状況を大きく改善でき、”不良品を見逃したのではないか”という内職さんの心配も払拭できるようになります。  
                                                                     
なお、良品/不良品をカメラ装置に学習させるには  
(1) 製品の形・寸法、ピンホールの大きさなどを数値として登録して診断させるやり方
(2) 良品(不良品)を大量に画像入力し、それ以外を不良品(良品)とするやり方
のどちらも機能的にはできるのですが、入力負荷が小さく、自動診断の立ち上げが早くできる(1)の方式を採用しております。
今後、AIを活用した(2)の方がいいケースも出てくると思います。
1個当たりのパッキンは1円を切るような安価なものも多いのですが、1品番でひと月に百万個を超えるものもあり、されどパッキン・・・にこだわって、                                                     
不良品を1個たりとも流出させないよう、品質と信頼性を高めるべく、アサ倉工業は、これからも進取の精神を持って、変化し挑戦してまいります。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2017年11月26日

創業40周年を迎えて(感謝)

昭和52年(1977年)11月に父がアサ倉工業株式会社を立ち上げて、平成29年(2017年)11月8日で満40年を迎えた
その頃、私はまだ独身で、会社に勤めていたが、創業して半年くらいはあまり電話もかかってこなかったし、父が古いセダンの後部座席やトランクにスポンジシートなどを狭そうに積んで配達をしていた光景を覚えている。
やがて中古の印刷機を買って、ゴムスポンジのロール式連続プレスとして使えるまでに苦労してカスタマイズし、親指が機械に挟まれて、その労災保険で資金繰りに一息つくという綱渡りもして、少しづつ商売の軌道に載せ、平成初めまでのバブル景気の追い風もあって、取引先も財務諸表も現在の基本ができた。
それから、さらにリーマンショックなども越えて、4年前に私が社長を受け継いだが、社員やパートさん、内職さん、お得意様や仕入先、協力業者様など大変お世話になり、いろいろと助けていただいたおかげさまで、今日を迎えることができ、いくら感謝してもし尽くせない思いでいっぱいである。

一方、これからの40年は想像もつかない。
トヨタ自動車の豊田社長ですらEV自動車や自動運転への変化を見据えながら、”勝ち残りではない、生き残りに必死だ”と言われるくらいであり、少子高齢化に向かっている日本社会についての『未来の年表(講談社現代新書)』の中身を重ねると、いたずらに悲観的になることはないかもしれないが、会社存続の位置はこれまでの延長線上にはない中で必死に舵取りをして、長寿企業にしていきたいと思っています。
引き続きご指導ご鞭撻を賜りたくよろしくお願いします。
  

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2017年05月02日

[超絶凄ワザ」に当社が加工した緩衝材が使われました

平成29年5月1日の月曜日午後10時からNHK総合テレビで千原ジュニアが司会をしている「超絶凄ワザ!」番組に当社が加工したウレタンフォームが舞台セットに使われた。
この「超絶凄ワザ!」はNHK名古屋放送局が制作しているドキュメンタリー番組で、その舞台装置や美術装飾を担当している会社が偶々当社の近くにあり、ホームページを通じて依頼があった。
 
1辺が1.2メートルの立方体の木枠6面全てに、口径1メートルの穴を開けたクッション材を貼ってほしいという内容。
  
今回の”凄ワザ”は手作りの紙飛行機を飛行させ、10m離れた立方体とさらに5m離れた立方体の穴を通過させる競技である。
  
3組の紙飛行機名人が合計12面の穴をより多く通過するかを競うのだが、床面に平行してトンネルを抜けるような飛行だけでなく、旋回して側面の穴を通過したり、手前の立方体の穴を上昇しつつ通過した後、ググッと下降して遠いほうの立方体の穴を通り抜けるといったXYZ3軸を使った飛行の挑戦があり、見事成功させるシーンは圧巻であった。

AKB48が、「365日の紙飛行機」で
『人生は紙飛行機 願い乗せて飛んでいくよ 
風の中を力の限り ただ進むだけ
その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか
それが一番 大切なんだ さあ 心のままに 365
と人生の空を飛ぶ情景を豊かに歌っているが、
リアルな紙飛行機もなかなか魅力的です。
 
さて、3組の紙飛行機名人の大切な紙飛行機がリハーサルや本番で損傷しないよう、
衝撃吸収性、クッション弾性の良い素材を提案し、4分の1円の抜き型で加工したが、使用したのは、ECSウレタンという「ポリエーテル系ウレタンフォーム」
 
密度22kg/㎥、反発弾性42% という数値は1メートル立方の重さが22kg、1メートルの高さから鋼球を落下させると、42センチの高さまで跳ね返るという物性を持ち、衝撃からのクッション材として相応しい。
 
当社は、典型的なBtoBビジネスで長年に亘る顧客が多い中で、スポットながら、こうした話題性のある受注が舞い込み、会場の中心に置かれたECSウレタンを貼った立方体の的がテレビに映し出され、少しワクワクした次第。
  
なお、緩衝材用に、ウレタンフォームやポリエチレン、ゴムスポンジなどがいろいろな場面で使用されているが、用途によって提供する材料は異なってくる。 以下代表例を示す。
 
(1) マットレスや座布団→軟質ウレタンフォーム、低反発ウレタンフォーム:
密度が小さいとへたりが早い。応力が荷重部分で分散されるので、圧縮荷重が緩和される。

(2) 緩衝保護材→発泡スチロール:
  独立した細かな空気の部屋で仕切られる(独立気泡)ため、衝撃に強い。
軽くて瞬間的な衝撃に強く、ヘルメットの内側などにも使用される。
 
(3) 衝撃吸収→ピタフォーム(第一化学):
鋼球を落としてもピタッと止まる。特有の分子構造により衝撃を吸収するので、5ミリ程度の薄さでも大きな効果が出る。
 
などである。
  
もし、こうした用途がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2016年11月03日

内職さんを募集しています

内職さんを募集します。
当社はこのホームページに載っているように、ゴムスポンジ等の材料を加工して、パッキンなどの製品を製造しています。

「内職募集」に掲載した写真のように、プレスした後のシートから5円玉のようなパッキン(製品)だけを取り出して、ポリ袋に入れるまでの工程を内職さんにお願いしています。

我々の業界で扱うゴムスポンジ等の材料は、いろいろな場所で使われるために、REACH規制(人の健康や環境に影響がないか)や食品環境検査協会の検査にパスしたものですから、安全で比較的軽い材料を扱う内職だと思ってください。
一方で、この小さな部品は、自動車や家電製品、住設機器等に使われます。
内職さんと当社を運ぶ通い袋には『よい品質を支える大切なパートナーへ』というラベルが貼ってあります。
一緒になって品質を支えているんだという喜びを共有できることを願っております。
『内職募集』のサイトをご覧の上、
まずは お気軽にお問合せください。



 


2016年05月17日

型の勉強会を開催しました。

5月14日、土曜操業日を使って当社で型の勉強会を開催しました。型メーカー様からの講習会案内に対して数人が出向くつもりでしたが、せっかくなら全員に聴いてもらいたいと思って、プロジェクターのみ当社で準備し、講師の方に無理をお願いして資料や刃のサンプルを持ち込んでいただきました。構内の作業台テーブルを椅子で囲み、すぐ脇に型棚や、油圧プレス機も並んでいる中、臨場感にあふれた実践的な勉強会になりました。
取引先様からも2名参加していただき、当社とは違った目線からの質問もあって、内容の幅も広がりました。
「トムソン型」は関東方面では「ビク型」と呼ぶそうですが、ベニヤ板などのベース板に形状に合わせた刃物を溝に埋め込んで、プレス機によって製品を打ち抜くもので、プレス加工のデキバエが瞬間で決まるという大変重要な役割を持っています。
レギュラー刃と呼ばれる「両刃」の刃先は30°と42°があり、鋭角の方が切れ味は鋭いが、鈍角の方が耐久性が良い。
刃先が二等辺三角形になっている「両刃」、直角三角形となっている「片刃」、刃先が顕微鏡で見てもギザギザのない「ミラー刃」、ブチルゴムなど粘着性の高い材料カットに適した「テフロン刃」や「シルキーコーティング刃」、また、パイプ状の刃の横がくり抜いてあってカスがプレスと同時に出て後作業がラクになるものなど人間と同じで個性豊かである。
お客さまからの要望に対して型メーカー様に発注する型の仕様が最適の選択であったかどうか悩ましいが、心配には及ばないだろう。
むしろ、『材料の特性、具体的な用途、要求精度、ショット数の多寡、希望価額』などをきちんと型メーカー側に伝えることが大切で、その後、専門家として型メーカー様からの提案に対する評価のやり取りを充実をすればよい。
そのためにも『型のデータベース』にどんな検索キー(インデックス)があるかを発注側として知っておくことは重要であり、今回の勉強会はとてもタメになったと思います。仕事の”切れ味”がもっと良くなることを期待します。
講師の伴さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
近くの「知多家」に全員でランチしましたがこれもうまかった。これからも時々こうした機会を持ちたいと思います。

 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2016年04月15日

裏方と雪かき仕事

ずっと以前に「裏方ほどおいしい仕事はない!」というタイトルに魅かれて買った本が、この業界に合っているのではないかと思って改めて読んでみた。
「おたくの製品はどんなところに使われていますか?」と聞かれることがあるが、自動車のドア裏側のパッキンなど大抵が見えないところに使われている。
気密、水密、吸音などの機能を発揮するためながら、ゴムタイヤほどには目立たない。まさに裏方のはたらきであるが利益の点からはおいしいかどうか・・・。
また、本の中では「雪かき仕事」という村上春樹の言葉にも触れているが、「雪かき仕事」はたとえば、朝早いうち誰かが、通勤通学する前に雪かきをしておく。誰かに指示されたり、報酬をもらうわけではないが大切な仕事。
当社でも、文字通り雪が降れば雪かきもするが、たとえばパッキンという製品を打ち抜くと穴の空いたシートがカスとして残る。
産廃業者に持って行ってもらうカスがひと月に8トン以上にもなるがこれを毎日整理して狭い倉庫に貯めたり、段ボールや包装材を片づけたり、また、始業前にプレス機などの油さしや点検をやっておくなど「雪かき仕事」が多い。
仕事は始業時間にはトップギアでありたいが、そのための裏方仕事は貴重であり、頭が下がる。
プロ野球の選手や俳優が輝くかげで、おおぜいの裏方が支えているように、社会全体は裏方のおかげさま。
ちなみにこの「裏方ほどおいしい仕事はない!」という本では、プロジェクトの事務局こそが全社を動かせますよ というのがテーマである。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2015年11月18日

接着剤と粘着剤の違い

当社が受注するプレス加工では、スポンジなどの材料に、両面粘着テープと離型紙(セパレータ)を貼り、材料と両面粘着テープまではカットし、離型紙はカットしない「ハーフカット」の注文が増えている。「ハーフカット」したシールやパッキンなどの部品を自動車の何某に取り付ける際の作業や数量管理などに便利だからと思われる。
さて、粘着力とは何だろうか。接着力とどう違うのか。
接着材は基本的には液体が時間が経つうちに固体に硬化し、永久に物と物を接合させることが求められているが、粘着剤は、圧力をかけることで、すぐくっついて(タック)、いざというときに、相手に粘着剤を残さないで剥がすことが求められる。
絆創膏を剥がそうとして、皮膚までくっついてきたら用をなさないだろう。 ほどほどというのがミソである。
「君子の交わりは淡きこと水の如し」と言ったのは荘子だが、友をはじめ、夫婦の間も年を重ねるごとに、さっぱりした粘着力の方がよいかもしれない。


取扱製品について詳しくはこちらをご覧ください
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る




カレンダー
«   2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事

カテゴリ

月別の記事一覧

  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ