2020年06月26日

創業者の妻を偲んで

昭和52年に父とともにアサ倉工業を創業した母が、令和2年4月に亡くなった。享年98歳。
母は、関東大震災があった大正12年に愛知県岡崎市の田舎で7人兄弟の次女として生まれた。
小学校から帰るとすぐ裏山へウサギのエサを取りに行って狐に化かされたことや、まわりの家に電灯が燈っても、うちはランプのままだった・・・などと子どもの頃の話を聞かせてくれた。
高野山で修業してきた祖父(母の父)が小さな檜の祠(ほこら)を細川の龍神山(りゅうじんさん)に建て、等身大の子安大師さんを家に祀って、三河弘法の札所にもなったが、貧乏は半端じゃなかった。
先日、母がお世話になった岡崎の住職にご挨拶に伺ったら、亡くなった21日は弘法さんの命日だと教えていただいた。深いご縁があるのだろう。
母のつつましい金銭感覚と、一方で苦労の中でも何とかなるという信仰に近い楽観主義は後年のアサ倉工業にじわっと影響を与えたかもしれないし、私だけがそう感じているのかもしれない。
特に、アサ倉工業を創業してからの数年間は「精出せば凍る間もなし水車」、「辛抱も朝日待つのも竹の雪」と口癖のように唱えてたし、「金がないのは首がないのも同じ(で情けない)」と聞くほど資金繰りの苦労も絶えなかった。
“自振り手形”を切らなくなって久しいが、母の頑張りがこんなところにも反映されている。
会社の銀行印を管理していた母も、80才になって後継に悩んでいたころ、普通の主婦だった家内が『私がやりましょうか』といった瞬間、父の顔がパアーっと明るくなった。
私より9年早く、妻は入社し、母からもいろいろと教えてもらった。
母は戦前に父と出会っており、父は中国の戦地で機関銃連隊に所属し、大勢の仲間が戦死する中で生還した。父は生死に対して腹の据わったところがあり、典型的な昔風の二人は補いながら人生の苦労を支えあって、振り返ってみると、案外幸せな生涯だったと思います。                   合掌
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2019年02月05日

経営理念1 従業員の幸福(続き)

 ホームページを公開したばかりのころに以下のように経営理念1と補足説明を掲載しました。
 
アサ倉工業は、仕事を通して社会に貢献し、働く喜びを共有します。
当社は社員、パート合わせて十数人の会社です。
ここで働く人たちが一番の財産ですが、人生のゴールデンタイムを会社で過ごします。
せっかくですから、明るく、元気に、誠実に仕事にとり組み、社会に貢献し、働き甲斐を皆で共有し、一人ひとりが豊かで幸せな人生を築いていく。
アサ倉工業はそんな職場を提供していきたいと考えています。
<補足>       
当社の経営理念には、39年間の会社勤めのなかで学んだ影響が大きいのですが、従業員の幸せを経営理念の第一に掲げていただいた会社で働けたことはなんと幸福であったかと感謝の気持ちでいっぱいになります。
その気持ちを受け継いで、ここで一緒に働く仲間たちが、自らを主人公とし、仕事を通して生きがい、働き甲斐を持てるように、そして、経営努力の果実を分け合って、物心ともに豊かな人生を送っていただくことを願っております。
===    ここまで 前掲済み   ===
2014年(平成26年)2月に当社に入社し、その当日から社長をやることになって早いもので、満5年が経ちます。
入社して数ヵ月後に「経営理念」を作り、1年半後にはホームページを立ち上げ、社内外に向けて強い思いでこの「経営理念」を発信しました。
その第一に掲げたのが、冒頭の   
 
アサ倉工業は、仕事を通して社会に貢献し、働く喜びを共有します。
です。 
これまで、わがままを言いながら、よくぞ一緒にがんばってくれてありがとうと仲間の皆さんにしみじみ感謝申し上げるしだいですが、5年を一区切りとして、主に、ハード面から振り返って見ます。
 
就任1年目には、構内の事務所を強い地震に耐えられるように梁と柱に火打金物や筋交い、壁構造補強などやれるところ全てに実施しました。
建物自体は軽量鉄骨の軸構造で屋根も軽いので地震には強いはずですが、大工仕立の事務室は不安がありました。従業員の安全確保が何より重要な中、良い業者に出会って想定どおりの補強ができました。
 
2年目と4年目には、ものづくり補助金の制度を活用し、ベンチプレスで筋力を鍛えるような重い作業台の直断機を女性にも優しく、安全で精度の高い設備に変え、また、ハーフカット(底面部を少し残す)できる高精度で生産効率の高い自動裁断機も導入しました。新人のパートさんにも作業負荷が小さくて操作がラクな設備です。
 
3年目の春頃、展示会で屋根用の「遮熱塗料」があるのを見つけ、その夏を凌いだ後、晴天が続き、隣の住宅が日中窓を閉められる11月末に屋根の塗り替え工事をしました。
外側の屋根表面温度を最大20度、室内を同5度下げられる(カタログ表示)効果のおかげで昨夏は、命の危険と言われた異常な暑さを無事乗り越えることができました。
 
さらに、5年目の秋、トイレの会社に長く勤めた私にとって気になっていた和式トイレを、ようやく、洋式トイレにリフォームしました。
大勢の人が使うため、洋式に変える心理的な抵抗も少しはあったのですが、終日立ってプレス作業をするパートさんから、”膝が痛い"と言われたきっかけもあり、血圧が気になる従業員もいる中で、シャワートイレや暖房便座のついたトイレは皆さんにとても喜んでもらいました。
 
人生のゴールデンタイムを会社で過ごす』なかで安全でより快適な職場環境にしていくのは経営者にとってもっとも重要な課題だと思います。
今後も引き続きしっかり取り組んでまいります。
 
仕事が終わってから、定年後になってから・・幸福を求めることもありましょうが元気に仕事をしている「今」にあってこそ幸せを感じたいものであります。
 
仕事を通して「幸せ」な人生を築く ことに関連して、
板橋 興宗 (いたばし こうしゅう )という曹洞宗の僧侶の本の中で「しあわせ」について印象深いおとぎ話があったので紹介させていただきます。
 
あるところに、一人の木こりさんがいました。
昔は電気のこぎりなどはありませんから・・
(中略)・・

何十年も毎日毎日のこぎりで木を切り倒していました。
あるとき、十メートルほど前方に世にも珍しい、美しい「けもの」が現れました。      
しかし、木こりさんが「あれっ」と見つめると、すぐに消えてしまうのです。
(中略)
その美しい「けもの」はその後も時々現れては、だんだんと近づいてくるようになりました。
しかし、木こりさんが、のこぎりを引く手を休めて見とれていると、またすぐに消えてしまうのです。 
(中略)
木こりさんは、とうとう「けもの」が現れても気にすることなく、ゴシゴシとのこぎりを引くようになりました。
そのようにして何日か過ぎ去ったある日、突然、その「けもの」が、のこぎりの上にのっかってほほ笑んだそうです。  
この美しいけものを「しあわせのけもの」と言うんだよ。
  
 以上
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2018年10月04日

「ハイクの会」という不思議な仲間たち

30年ほど前に、ハイキング・山登り、坐禅、音楽ライブなどを行う会に入って数年間楽しく過ごしたことがあった。実に不思議なメンバーの集まりで、少なからず影響を受けた。
その「ハイクの会」から個人宅でグランドピアノとバイオリンの演奏会をやりますよという案内をいただいたので久しぶりに参加した。   
紫陽花が庭いっぱいに咲いて、この先まさかあれほどの酷暑になるとは想像できなかったころである。   
バイオリンを弾く方は若く美しい地元出身のプロであったが、ピアニストの男性は定年退職後、趣味からさらに研鑽した偉丈夫で、力強い音色を響かせて私たちを楽しませてくれた。         
大体同じような世代の仲間と四半世紀ぶりに会ってみると、会社や肩書きはとっくに遠くに置いて、シニアならではの魅力をたたえている。       
当時もお金や出世には関心の少ない仲間だったから、きっと背筋をピンと伸ばして清々しく時を重ねたに違いない。その年輪が表情や物腰に溢れ、実に貴重で懐かしく、楽しいひとときを過ごすことができた。       
       
「ハイクの会」に入って間がない頃の日記に、「而今の山水は、古仏の道現成なり」という道元禅師の「山水経」を肴にマス酒を飲んだと書いてあった。     
あいにくその相手の方は参加されなかったが、そのとき、私は至福のときを過ごしたことを思い出したのである。 
メンバー一人ひとりの往時を起点として、現在まで予測した座標と、久しぶりに会った彼ら彼女たちの実際の立ち位置との誤差が少なく感じられるのは何故だろう。
元気な人だけが参加できるいうことももちろんあるが、ブレない人生観のようなものが働いているような気がする。
これから年を重ねていく上で、目に見えないものの影響力がより貴重になっていくので、こうした機会を大切にしていきたい。
少し視点がずれるかもしれないが、会社経営において、支柱となる『経営理念』が大変重要であることを、ここまで書いてきて、改めて感じたことも付け加えておきたい。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2017年05月02日

[超絶凄ワザ」に当社が加工した緩衝材が使われました

平成29年5月1日の月曜日午後10時からNHK総合テレビで千原ジュニアが司会をしている「超絶凄ワザ!」番組に当社が加工したウレタンフォームが舞台セットに使われた。
この「超絶凄ワザ!」はNHK名古屋放送局が制作しているドキュメンタリー番組で、その舞台装置や美術装飾を担当している会社が偶々当社の近くにあり、ホームページを通じて依頼があった。
 
1辺が1.2メートルの立方体の木枠6面全てに、口径1メートルの穴を開けたクッション材を貼ってほしいという内容。
  
今回の”凄ワザ”は手作りの紙飛行機を飛行させ、10m離れた立方体とさらに5m離れた立方体の穴を通過させる競技である。
  
3組の紙飛行機名人が合計12面の穴をより多く通過するかを競うのだが、床面に平行してトンネルを抜けるような飛行だけでなく、旋回して側面の穴を通過したり、手前の立方体の穴を上昇しつつ通過した後、ググッと下降して遠いほうの立方体の穴を通り抜けるといったXYZ3軸を使った飛行の挑戦があり、見事成功させるシーンは圧巻であった。

AKB48が、「365日の紙飛行機」で
人生は紙飛行機 願い乗せて飛んでいくよ 
風の中を力の限り ただ進むだけ
その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか
それが一番 大切なんだ さあ 心のままに 365
人生の空を飛ぶ情景を豊かに歌っているが、
リアルな紙飛行機もなかなか魅力的です。
 
さて、3組の紙飛行機名人の大切な紙飛行機がリハーサルや本番で損傷しないよう、
衝撃吸収性、クッション弾性の良い素材を提案し、4分の1円の抜き型で加工したが、使用したのは、ECSウレタンという「ポリエーテル系ウレタンフォーム」
 
密度22kg/㎥、反発弾性42% という数値は1メートル立方の重さが22kg、1メートルの高さから鋼球を落下させると、42センチの高さまで跳ね返るという物性を持ち、衝撃からのクッション材として相応しい。
 
当社は、典型的なBtoBビジネスで長年に亘る顧客が多い中で、スポットながら、こうした話題性のある受注が舞い込み、会場の中心に置かれたECSウレタンを貼った立方体の的がテレビに映し出され、少しワクワクした次第。
  
なお、緩衝材用に、ウレタンフォームやポリエチレン、ゴムスポンジなどがいろいろな場面で使用されているが、用途によって提供する材料は異なってくる。 以下代表例を示す。
 
(1) マットレスや座布団→軟質ウレタンフォーム、低反発ウレタンフォーム:
密度が小さいとへたりが早い。応力が荷重部分で分散されるので、圧縮荷重が緩和される。

(2) 緩衝保護材→発泡スチロール:
  独立した細かな空気の部屋で仕切られる(独立気泡)ため、衝撃に強い。
軽くて瞬間的な衝撃に強く、ヘルメットの内側などにも使用される。
 
(3) 衝撃吸収→ピタフォーム(第一化学):
鋼球を落としてもピタッと止まる。特有の分子構造により衝撃を吸収するので、5ミリ程度の薄さでも大きな効果が出る。
 
などである。
  
もし、こうした用途がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2016年11月03日

せっかちは親譲りか

私がアサ倉工業株式会社に入社した平成26年の2年前に、創業者の父は93歳で亡くなったので、”親父だったらどうするだろう”と思っても訊くことはできない。
父は70歳ころからは怒ることも人に意見するようなこともなくなって穏やかだったが、若いころは短気でせっかちであった。
小学校低学年の頃だったろうか、家のすぐ向かい側に「熱田東映」という映画館があった。映画(というより時代劇)の好きな父に時々つれていってもらった。
片岡知恵蔵とか市川歌右衛門などが出ていた映画全盛期のころである。
”孝保行くぞ”と言われてあわてて追いかけていって、上映中の暗いなか、席を探して座る。
私が今でも鮮明に覚えているのは、映画の途中でさっさと場外に出てしまったことだ。もともとストーリーがわかるような年齢でもなかったが、開演時間を無視して、場当たり的に入っては、”ここからは見た”と気づいた時にそくそくと席を立つ。この記憶が1度ならず、何回かあったような気がする。
上映時間前に窓口(またはインターネット)で希望の座席を決めて入る今のやり方から見ると、ずいぶんと慌ただしいが、見方を変えると、父はテレビ番組で、前篇、後篇とあると、後篇しか見なかったような記憶もあるのでそういう行動パターンの持主だったのだろうか。
それが良い結果を生むこともあったと思うが、そばにいた母から「いつもハラハラドキドキの人生だった」と今でもこぼすことがあるので、早とちりで失敗することも少なからずあったに違いない。
スピード感を持って進めることは今の時代はより重要になっているが、結論をせっかちに急いで、まわりを振り回したり、早とちりしないよう気をつけよう。

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る

2015年11月01日

経営理念1・・・従業員の幸福

アサ倉工業は、仕事を通して社会に貢献し、働く喜びを共有します。
<補足>
当社の経営理念には、39年間の会社勤めのなかで学んだ影響が大きいのですが、従業員の幸せを経営理念の第一に掲げていただいた会社で働けたことはなんと幸福であったかと感謝の気持ちでいっぱいになります。
その気持ちを受け継いで、ここで一緒に働く仲間たちが、自らを主人公とし、仕事を通して生きがい、働き甲斐を持てるように、そして、経営努力の果実を分け合って、物心ともに豊かな人生を送っていただくことを願っております。
また、仕事を通して社会に貢献できているか、何をもって評価するのか難しいところですが、 ものづくりの基本として、お客さまから「ありがとう」と言っていただけるような良い製品を提供し、従業員にあっては、それぞれ目の前の仕事に対して、謙虚さと向上心を持って一所懸命働き、感謝の生活が送れれば、それがいちばんだと思います。
 

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る




カレンダー
«   2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事

カテゴリ

月別の記事一覧

  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ