2016年04月15日

裏方と雪かき仕事

ずっと以前に「裏方ほどおいしい仕事はない!」というタイトルに魅かれて買った本が、この業界に合っているのではないかと思って改めて読んでみた。
「おたくの製品はどんなところに使われていますか?」と聞かれることがあるが、自動車のドア裏側のパッキンなど大抵が見えないところに使われている。
気密、水密、吸音などの機能を発揮するためながら、ゴムタイヤほどには目立たない。まさに裏方のはたらきであるが利益の点からはおいしいかどうか・・・。
また、本の中では「雪かき仕事」という村上春樹の言葉にも触れているが、「雪かき仕事」はたとえば、朝早いうち誰かが、通勤通学する前に雪かきをしておく。誰かに指示されたり、報酬をもらうわけではないが大切な仕事。
当社でも、文字通り雪が降れば雪かきもするが、たとえばパッキンという製品を打ち抜くと穴の空いたシートがカスとして残る。
産廃業者に持って行ってもらうカスがひと月に8トン以上にもなるがこれを毎日整理して狭い倉庫に貯めたり、段ボールや包装材を片づけたり、また、始業前にプレス機などの油さしや点検をやっておくなど「雪かき仕事」が多い。
仕事は始業時間にはトップギアでありたいが、そのための裏方仕事は貴重であり、頭が下がる。
プロ野球の選手や俳優が輝くかげで、おおぜいの裏方が支えているように、社会全体は裏方のおかげさま。
ちなみにこの「裏方ほどおいしい仕事はない!」という本では、プロジェクトの事務局こそが全社を動かせますよ というのがテーマである。
 




このページのトップへ