2017年02月03日

「銀漢の賦」の友情について

  そういえば、今日は高校の友人W君の誕生日だった・・・、    
  半世紀前の記憶からふとお祝いのメールを送ったら      
  葉室麟の小説「銀漢の賦」に出てくる蘇軾の詩、      
  「玲瓏山(れいろうざん)に登る」を返してきてくれた。      
  NHKのテレビドラマ 「風の峠」として放送された(らしい)ので    
  ご存知の方も多いのではないでしょうか。        
                 
  何年僵立兩蒼龍  なんねんきょうりつ りょうせいりゅう      
  瘦脊盤盤尚倚空  そうせきばんばんとしてなおそらによる    
  翠浪舞翻紅罷亞  すいろうまいひるがえる べにのひあ     
  白雲穿破碧玲瓏  はくうんうがちやぶる あおきれいろう    
  三休亭上工延月  さんきゅうていじょう たくみにつきをひき    
  九折巖前巧貯風  きゅうせつがんぜん たくみにかぜをたくわう    
  腳力盡時山更好  きゃくりょくつきるとき やまさらによし      
  莫將有限趁無窮  ゆうげんをもって むきゅうをおうことなかれ    
                 
  (玲瓏山には二頭の青龍にも似た、二つの高い峰がある)    
  二つの峰は一体、何年の間、聳え立っていたのだろうか      
  老人の背骨のように折れ曲がって空によりかかっている      
  田圃は紅色に色づき、青葉は風に翻っている        
  白雲をつきぬける峰を眺めながら山に登れば、      
  月を見るのによい三休亭がある          
  風が心地よく、ここで歩き疲れた足を休める時、山の景色は一段と美しい  
  限りある人間の身で無窮の美をこれ以上、追い求めてはいけない    
                 
  この作品は、「将監」と「源五」という二人の正義と友情をテーマとしているが、  
  作者はこの詩を引用した後          
  『将監は源五と支えあうようにして上った風越峠で見た風景を、この世で見た  
  最後の最も美しいものとしたのかもしれない。        
  人は脚力が尽きる老いの最中に、輝かしいものを見ることになるのだろうか』  
  と述べている。            
                 
  偶々送ったメールに対する、W君からの詩は        
  お互い、老いを感じる年齢になったからだろうか。二つの峰が私達のようでもあり、
  余計にじわっとくるものがあった。          
  彼ばかりではないけれども、こういう味わい深い友がいて、とてもありがたい。
  『ワインの愉しみ』を教えてくれたのも彼だが、
それはまたの機会に登場してもらおう。




このページのトップへ