2017年07月26日

一番強い横綱が一番稽古する ~祝 白鵬 1050勝~

横綱白鵬が平成29年の名古屋場所12日目で魁皇の持つ1,047勝の最多勝記録に並び、千秋楽で1,050勝、39回目の幕内最高優勝を果たした。
 
白鵬は入門当時 175センチ、68kgで私より少しだけ大きいくらいだった。2001年3月場所初土俵では3勝4敗と負け越している。ここから、2004年5月新入幕、2006年5月初優勝と続き、気の遠くなるような勝ち星を積み重ねて現在に至るわけだが、テッポウや四股などの基本的な稽古を今なお怠らないとテレビで解説していた。こつこつと継続した努力が実を結んだわけで実に素晴らしい。
勝率や負け数を考えると、まだまだ記録は伸びると思うが、“張り差し”や“カチ上げ”などはできれば少し控えて、前人未到の高みに向けて、『修証一等(注)』の精進を続けていただくことを願っている。
 
(注)修証一等について
道元禅師の正法眼蔵「弁道話」で“修証これ一等なり“すなわち修行と証(さとり)は別のものではないと示しておられる。
修行することと悟ることは同等で修行して坐禅する姿がそのまま仏さまのお姿ということだが、私は修証一等を、
一番強い横綱こそが(ひたすら)一番稽古することだ、というように理解した。
これまでこの解釈が間違っていたというようなケースに合ったことはないと思っている・・・・。
 




このページのトップへ