2020年04月20日

地域のボランティア活動(その5中島みゆき 糸)

4月から年度が改まり、1年間の任期を終え、次年度の組長に引き継ぎました。背負った「組長」の荷を下ろしてみると、結構重い荷物だったと改めて感じました。                                                                        
コロナウイルス感染防止のため、役員や班長さん達との打ち上げも例年公会堂で開催する「総会」も中止となり、少し残念でした。
                                                                                 
職業、経歴、世代もまちまちな集団で、共通の目的を達成するには
別途、班長全員の勤務形態や家庭の事情などを理解した上で
「得手」なところを発揮してもらうことが重要ですが、21人の班長がいて、
次第に気心が知れるようになると、それぞれに持ち味が出てきて興味深かった。 
                                                                        
中島みゆきの歌に「糸」という作品があり、昨年(令和元年)の紅白歌合戦で
島津亜矢さんが歌いましたが、まさに縦の糸と横の糸で織りなす布こそ、ボランティア活動ではないかと、組長を経験してしみじみと感じました。                                         
班長や関係する役員、さらに家内の支えがあってこそ成しうることであり、この歌を聴くとそのありがたさが心に沁みるのであります。




このページのトップへ