2020年07月22日

花の歳時記 7月(蓮 はす)

7月に入り、アジサイも終わると、小ぶりの花がちらほらするばかりで、我が家の庭から紹介できるような花がない。
そんな中、母の月命日に、すぐ近くの本覚寺にお参りしましたら、門の入り口に蓮の花が咲いていました。淡いピンク色の蓮が凛として咲き、ろうそくの炎のような蕾みもすっくと立っていました。
泥の中から茎を伸ばして清らかな花を咲かせるハスは、仏教では、智清や慈悲の象徴とされ、死後の極楽浄土に咲く花として親しまれています。

花言葉は、「清らかな心」「休養」など。

「清らかな心」は、泥水を吸い上げながらも美しい花を咲かせることから、「休養」は、午前中に咲いた花が午後には閉じてしまうから らしい。

4連休中に、三密を避けて、岐阜県 美濃加茂市伊深にある「正眼寺(しょうげんじ)」に行ってきましたが、ここでも本堂の近くに蓮の花が咲いていました。お寺の境内には蓮の花が似合います。

余談になりますが、「正眼寺」のすぐ近くに「正眼短期大学」があります。
学長は「NHKこころの時代」で話をされた「山川宗玄」老師。東村山出身で「志村けん」さんと同級生だったと受付の方から聞き、コロナ感染拡大の怖さを身を持って教えて頂いた俳優とのつながりに少しビックリです。さらに入学者の6割が60代以上とというのもすごい。2年間の単位を5年かけてマイペースで学ぶのもOKとのことでした。案内まで。


 

花の歳時記 7月(蓮 はす) 知多市、本覚寺の入り口に咲いた蓮。咲いた姿は誇らしげに見えます。




このページのトップへ