2020年10月29日

日本の産業力の後退とソフトウェア力の強化

令和2年10月28日の日本経済新聞「私の履歴書」に「KDDI相談役 小野寺 正」氏が
20世紀に「我が世の春」を謳歌した日本企業は21世紀に入ると目に見えて失速した。その大きな原因は、ソフトウエアの軽視にあるのではないか
との述べておられる。全く同感である。
 
30年ほど前のこと、昭和から平成に改元され、新入社員が急に増えた時期に、上司から営業や製造、技術開発に配属される新人を除いた「企画人材」を一堂に集め、1年間必要なスキルを磨いて、それから各部署に配属させるという提案をいただいた。
コストと時間がかかる投資であるが、将来への大きな見識に基づいた布石であった。
「ITリテラシー」といった言葉が当時でも聞こえてきており、コンピューターやネットワークの基本をビジネスマンの”読み書きそろばん”として身に着ける重要性を意図していた。また、この貴重な期間に、「書類の書き方」、「やきものの文化と歴史」、「経理」、「商品開発」など当該部門の実力者も講師としてお招きし、幅広くビジネススキルの研鑽に努めた。
この研修の後、全国各拠点に配属された彼ら、彼女らによって、ひとり1台のパソコン(端末)に普及していく中、スピード感を持って展開できたし、同期の仲間がいろんな拠点に行っても緊密なヨコ糸の絆によって、相談し合えることはお互いに大きな財産になった。
 
“周遅れ“と言われているデジタル化の取り組みが、今後の日本の産業競争力アップに資することを願いながら、冒頭の「小野寺 正」氏の提起以前にこの取り組みを指示した上司や会社の器量・慧眼を尊敬するとともに、この仕事に携われたことを深く感謝したい。
 




 




このページのトップへ