2017年02月06日

オカリナの効用

  アサ倉工業の社長になって4年目に入った。        
  63歳からの新入生には、車通勤時間も長く、帰宅したときはもう疲れて、何もせず
  寝てしまうことが多いため、1年ほど前から、家内が習い始めたオカリナの  
  音色が家の中で響くようになっても、一緒に弾こうという気持ちには    
  なかなかならない。            
                 
  22歳に同期入社したM君とは、今日まで私の方がずっとお世話になりっ放し  
  になっているが、彼は、音楽の才能に長けて、一緒に寮にいたころは縦笛、  
  ギターなどを弾いて、寮仲間を楽しませてくれたが、最近はオカリナに凝って、  
  初見で楽譜も読めるし、耳がいいので、短い期間に、プロ並みに?うまくなった。  
  時々家に来ては、ミニコンサートをやってくれたり指導してもらっている。  
                 
  昨年、義母がお世話になっている高齢者向けの施設で、彼に演奏会を頼んだ  
  ところ、曲の選定から、時間割、歌詞の準備などの前段取りにも気くばりが  
  利いて大変好評だった。          
  オカリナの音色は、優しくて、唱歌でも演歌でも心を癒してくれるし、かなりの  
  高齢者ばかりだったが元気になってくれたような気がする。    
                 
  日本の唱歌に限らず、「北の国から」、「小さな木の実」などの練習曲もメロディが
  きれいで、楽譜を見ながら聴いていると、作曲者はみな天才で、この#の  
  遊びがすごいなどと、彼にわかったようなことを言ったりする。    
  彼が演歌を弾く時は、こぶしを効かせてノリノリになるので、    
  ”弾いていても楽しいだろう”というと満面の笑みを返してきた。    
                 
  私もオカリナを買って、何とか指使いを覚えたので、母にリクエストを尋ねると  
  「荒城の月」を弾いてごらんと言われたが、低いラの音がうまく出ず    
  ”まだまだだねえ”と一蹴された。          
                 
  腹式呼吸で、口から長い息を吐いて楽しむ楽器は健康にもいいし、    
  彼は、ボランティアの演奏にも引っ張りだこだが、時間ができたら(を作って)  
  そんなふうに過ごしてみたいと思っている。        




このページのトップへ