2020年10月29日

日本の産業力の後退とソフトウェア力の強化

令和2年10月28日の日本経済新聞「私の履歴書」に「KDDI相談役 小野寺 正」氏が
20世紀に「我が世の春」を謳歌した日本企業は21世紀に入ると目に見えて失速した。その大きな原因は、ソフトウエアの軽視にあるのではないか
との述べておられる。全く同感である。
 
30年ほど前のこと、昭和から平成に改元され、新入社員が急に増えた時期に、上司から営業や製造、技術開発に配属される新人を除いた「企画人材」を一堂に集め、1年間必要なスキルを磨いて、それから各部署に配属させるという提案をいただいた。
コストと時間がかかる投資であるが、将来への大きな見識に基づいた布石であった。
「ITリテラシー」といった言葉が当時でも聞こえてきており、コンピューターやネットワークの基本をビジネスマンの”読み書きそろばん”として身に着ける重要性を意図していた。また、この貴重な期間に、書類の書き方や、経理、商品開発など当該部門の実力者を講師としてお招きし、ビジネススキルや研鑽に努めた。
この研修の後、全国各拠点に配属された彼ら、彼女らによって、ひとり1台のパソコン(端末)に普及していく中、スピード感を持って展開できたし、同期の仲間がいろんな拠点に行っても緊密なヨコ糸の絆によって、相談し合えることはお互いに大きな財産になった。
 
“周遅れ“と言われているデジタル化の取り組みが、今後の日本の産業競争力アップに資することを願いながら、冒頭の「小野寺 正」氏の提起以前にこの取り組みを指示した上司や会社の器量・慧眼を尊敬するとともに、この仕事に携われたことを深く感謝したい。
 




 


2020年10月22日

花の歳時記 10月 キンモクセイ

秋が深まり、澄み渡る大空の下、キンモクセイから甘い香りが漂ってきました。オレンジ色の小さな花が密集して咲いていますが、短い期間しか咲かないし、香りのメッセージはさらに短いように思います。
道路沿いの日当たりのいいところに植えていますが、道行く中で、香りに気づいて立ち止まる人もいます。
金色の花は「金木犀」で、白い花を咲かせるのが「銀木犀」。「銀木犀」もよい香りがしますが、両方並べて植えると「金木犀」の香りの方が強いのでどちらかだけにした方がいいかもしれません。
会社の近くにもキンモクセイがたくさん植えられており、甘い空間の中で思わずアロマテラピー。
キンモクセイの花言葉は 花びらが小さく控えめな印象から 「謙遜」「気高い人」
一方でその香りから、「誘惑」「陶酔」という言葉もあるらしい。

 

花の歳時記 10月 キンモクセイ 令和2年10月19日(日)自宅、道路側から撮影。


2020年10月07日

トランプ氏の行方 3日で強行退院の後、どうなるか

新型コロナウイルスに感染したトランプ氏は、全くもって、目的のためには手段を選ばないパーフォーマンス型の人間なので、自ら罹患してなお、周囲の人に感染する気遣いや規則など棚上げし、目前の大統領選に勝利するために無謀にも3日で退院した。
早く治すために「デキサメタゾン」や「レムデシビル」を投与し、「副作用」のリスクなどお構いなしの行動は、トランプ氏の戦略・戦術と根っ子は全く同じである。
 
さて、この先、“吉と出るか凶と出るか” 自らの意志や行動で将来を変え得るのか、それとも生命や自然の摂理に逆らうことはできないという結果になっていくのか興味深い。
 
立場によって事情は異なるといえども、世界で100万人を超える死者を出したコロナによる病人という意味では、一般人と変わらない。しかもトランプ氏は74歳、190センチ、111キロと不安を抱えている。
 
「死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候」といったのは良寛さん。
「光陰は矢よりも迅かなり、身命は露よりも脆し」は修証義に出てくる道元禅師の言葉だが、極端な行動を取ったトランプ氏個人に対し、この先1週間ほど目が離せない。(令和2年10月6日)
 


2020年10月02日

中秋の名月を眺めたいが・・・

今年(令和2年)は、新型コロナウイルス禍があり、7月は大雨が続いたと思ったら、8月は異常な猛暑が続き、9月で台風が去った後、ようやく秋が訪れて、昨夜10月1日は満月が綺麗だった。

竹取物語の中に、かぐや姫が
『八月十五日(はづきもち)ばかりの月に出で居て、かぐや姫いといたく泣き給ふ。・・・・この月の十五日(もち)に、かの元(もと)の国より、迎へに人々まうで来(こ)んず。』と言って、自分は月の都から来たが、月から迎えが来るので帰らなければならないといってさめざめと泣く、旧暦8月15日が昨晩であった

また有名な話で夏目漱石が授業の中で、「I love you」を「日本人なら、『月が綺麗ですね』とでも訳せ」と生徒に言ったとか・・・。
こんな趣き深い情趣がある日本に、昨日、非情にも東証がシステム障害を起こし、あちこちから非難の声が上がった。
私もかつて情報システム部門にいて(バッチシステムではなく)オンライン業務がダウンしたときの大変な状況を知っているので、一時的に、大勢の関係者は”命を削るような努力”をしなければなるまいが、”命を削る”ことだけは避けてほしい。事前に障害が判明したなかでは、終日システムを停止させた判断は正しかったのではないかと思います。

信頼性を高める対策は急務ですが、人が作る以上、ハード、ソフトとも100%の絶対はありません。
同じような失敗を繰り返さないよう冷静な分析をした上で、最適な対策を講じていただきたい。

今年は珍しく、10月末にもう一度満月(ブルームーン
)が来ます。
その時には、少しでもゆったりと眺められるといいですね。
            

                                                    


 




このページのトップへ