2020年09月29日

花の歳時記 9月 彼岸花

9月になって続けざまに来た台風が去って、ようやく秋らしくなってきました。彼岸入りの19日に知多市の自宅から知多半島の根っ子沿いを東に走って橋を渡り、瓦の町「高浜市」に行きました。市内を流れる「稗田川(ひえだがわ)」の川岸に見事なほど、彼岸花が群生していました。咲く時期が色によって違っていて、9月上旬はピンク、中旬は黄色、下旬は赤という看板がありました。
 

花の歳時記 9月 彼岸花曼珠沙華」とも呼ばれる彼岸花の花言葉は、赤い花は「情熱、悲しい思い出」、黄色は「元気な心」など。
墓地でよく見かける彼岸花は、球根にある毒でモグラやネズミからご先祖様を守るために植えたらしい。

下の写真はちょうど黄色が満開の頃でしたが、5キロにわたって咲き誇っている景色を多くのカメラマンが写真に収めていました。
愛知県では、他にも、「ごんぎつね」などで有名な「新美南吉」のふるさと「半田市矢勝川」の堤防沿いの彼岸花も有名ですが、赤一色だったように記憶しています。

花の歳時記 9月 彼岸花


2020年09月28日

会社が税金を払うということ

当社は8月決算なので、決算数値が固まって課税所得が計算されると、法人税や事業税などを納めることになる。
今回の決算はコロナ禍の影響もあって厳しい結果になるが、私が会社の経理部門にいた30年ほど前のこと、
父に、利益(所得)が出るなら、(空調を取り替えるというような)節税対策を考えてみたらどうかと、生意気にも言ったことがある。
すると父からは意外な答えが返ってきた。
『お前の勤めている大会社なら、「これは売上、これは利益、これは税金・・」というようにあらかじめ計画を立て、実際に税金を払えるだろう。しかし、(アサ倉工業のような)中小企業は「締めてみてナンボ」の世界であり、必死にやって結果として利益が出たらやれやれと思って、税金をありがたく払うのだ目いっぱい走った後、払うべきを払うのであるから、狡い(こすい)ことを言うな』と父にしては珍しく語気を強めた。
社長になって、当社の創業期からの決算書類を見たが、確かに、赤字、黒字、赤字・・・と利益は不安定でよく持ちこたえられたと思ったことがある。
一介のサラリーマンが頭で考えたことと、体を張ったオヤジとは随分と感覚が異なった。コロナ禍で経済的なダメージが大きい状況下になってよけいに父の言ったことが理解できる(経営計画を立てる重要性とは別の話)。

別件で、定年間近のころ、社内で海外事業を分社化しようという話が持ち上がった。国内とは経営感覚が大きく違うので同じ組織体の中で意思決定を進めようとすると問題が多い・・というような背景からであるが、私は必至で反対した。国内なら便器1台売っても確実に利益が計算できるが、海外事業だけを取り出せば赤字事業である。全社の税務キャッシュフロー(税効果)からみれば、切り離すことによるメリットはない。
その時の経理担当は「繰越欠損があるので税金を払わなくて済む」とまで言い放ったのである。
トップからの方針に協調しようと思ったのであろうか。中小企業では当期利益の後さらに税金を払うという資金繰りは大変悩ましく、繰越欠損は別立ての「納税準備預金」のようなものである。
さすがに分社化は実行されなかったが、町工場のオヤジになって、大企業とは感覚が異なることを、いろいろ思い出した次第であります。




 




このページのトップへ