2021年01月07日

花の歳時記 1月 葉ボタン

花の歳時記 1月 葉ボタン 皆さま、新年あけましておめでとうございます。
コロナ禍からのスタートになりましたが、
ご健勝に過ごされるよう願っております。
引き続き、本年もよろしくお願い申し上げます。


1月の花は「葉牡丹」を選びました。
ハボタン(葉牡丹)は、お正月の花というばかりでなく、先月のガーデンシクラメンとともに、冬のガーデニングに欠かせなくなっています。寄せ植え、花束、カラーリーフとして、いろんな楽しみ方ができます。
ハボタン(葉牡丹)の名前の由来は、葉が美しく色づいて花の牡丹のように見えるため。
アブラナ科の植物で、春になると、菜の花のような黄色い花が咲きます。
 
ハボタン(葉牡丹)の花言葉は、
お祝い事にも使われる縁起のいい植物から「祝福」
また、中心を「赤ちゃん」に見立てて、葉っぱで包み込むように見えることから、「愛を包む」という花言葉もあります
 
葉牡丹はキャベツやブロッコリーの仲間なので、食べられないことはありませんが、美味しくないらしい。目でも口でも味わうというわけにはいかないところが興味深い。
 
ところで、写真の赤い実をつけた植物は「千両」ではなくて、「億両」。よく見ると赤い実が大きくて見栄えがします。「億両」は、「ミヤマシキミ」というミカン科の常緑低木で、漢字では「深山樒」と書きます。

==================================



 

花の歳時記 1月 葉ボタン 庭先に赤紫と白のプチ葉牡丹ハンギングリースを飾りました。

ブログに対するご意見、お問い合わせはこちら

メールを送る




カレンダー
«   2021年01月   »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事

カテゴリ

月別の記事一覧

  • RSS
  • RSSとは



このページのトップへ